福岡ディベート研究会(FDS)

福岡ディベート研究会(FDS)の例会予定等です。

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.04.18 Wed [案内]ディベート体験会

こんにちは。緑のきれいな季節になりましたね。

さて、ディベート練習会を下記の通り行います。
初めて、英語で説得力を身につけたい方等、是非ご参加ください!

開催日: 5月6日(日)(Sun. May. 6th) 
時間帯: 13時‐18時 (Time: 13:00 to 18:00)
会場: 福岡市国際会館 小会議室 (VENUE: Small Conf. Room, 4 fl.
Fukuoka International City Center)
論題: 「日本は自発的積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か。」
Resolved: That Japan should legalize voluntary active euthanasia.
内容: 英語ディベート & 即興ディベート (English-language policy debate &
parliamentary-style debate)
準備: 論題の賛否論点と立論を考えてくる。
https://legal-dictionary.thefreedictionary.com/active+euthanasia {安楽死定義等参考}

鎌田
スポンサーサイト

2018.03.28 Wed Invitation to Exchange Debate Contest(交流ディベート大会参加案内)

第15回英語ディベート交流大会2018開催要項(15th Exchange Debate Contest 2018)
今年も大学生、社会人、高専、高校生等を対象に初心者向けディベート交流大会を下記のとおり開催します。
本大会は、勝敗よりも、現実の社会テーマを参加者全員がよりよい議論を行うことを目的としております。
英語コミュニケーションにご関心のある方々に多数ご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。
1 大会組織
主催:日本ディベート協会九州支部、九州大学大学院言語文化研究院
協力:福岡ディベート研究会
2 目 的:: 日頃のディベートについての学習成果を発表する機会となる大会を開催し、成績が優秀な個人、
及びチームを表彰します。また、英語コミュニケーションに関心のある方々の国際交流の場とします。
3 日 時 平成30年7月14日(土) 10:00~15:30
4 会 場 九州大学 伊都キャンパス福岡県福岡市西区元岡744※福岡市営地下鉄九大学研都市より
昭和バスで約15分http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/ito/自家用車で来られる方は駐車場をご利用下さい。
5 対 象 大学生/社会人/高校生(原則、ディベート公式大会に参加経験が無い、或いは1-2回の方)
6 参加について
(1)チーム参加が原則です。1チーム2~4名の編成で、初めてディベートを習い参加する方、特に大歓迎です。
昼食とお茶はこちらで用意します。ご不要な方は事前に下記にお知らせ下さい。
(2)論題「日本は自らの意思による積極的安楽死を法的に認めるべきである。」
(3)参加及び参観ともに無料です。
(4)申し込み・問い合わせ先 *初参加の方は、下記、鎌田まで参加希望のメールを御願致します。
(5)ディベート試合形式、簡単なルール等は下記英語案内文をご確認下さい。
 参加チーム名、参加者全員の氏名を記入し、5月16日(水)までにメールでお申し込み下さい。
日本ディベート協会(JDA)九州支部 事務局 鎌田 裕文(かまだ ひろふみ)
Mail: kamada1963@gc4.so-net.ne.jp / ℡.: 080-5219-0673

15th Exchange Debate Contest 2018  July 14th (Saturday)
University, junior/high school, adult and/or the combined teams are invited to participate in the exchange debate contest sponsored by Kyushu University Faculty of Languages & Cultures, and the JDA (Japan Debate Association) Kyushu Chapter. If you are interested in exchanging your ideas and competing in the debate, please contact Professor Kamada below.
1. Resolution: Resolved: That Japan should legalize voluntary active euthanasia.
2. Teams
Each team consists of two to four members who are college, junior/high school students and/or adults earning English. One or several teams participate from a university or junior/high school. Each team debates once on the affirmative side and once on the negative side in the preliminary rounds. The two top teams debate at the final round.
3. Format of Debate
1. Affirmative Constructive Speech (5 min.)
Preparation Time (2 min.)
2. Negative Cross-Examination (3min.)
3. Negative Constructive Speech (5 min.)
Preparation Time (2 min.)
4. Affirmative Cross-Examination (3min.)
Preparation Time (2 min.)
5. Negative Rebuttal Speech (3 min.)
Preparation Time (2 min.)
6. Affirmative Rebuttal Speech (3 min.)
Preparation Time (2 min.)
7. Negative Summary Speech (3 min.)
Preparation Time (2 min.)
8. Affirmative Summary Speech (3 min.)
Each debate is followed by oral comments from the judges.
4. Rules & Guidelines for Speakers
These are basic rules and general guidelines for speakers. Other general rules and conventions in Academic Debate shall be observed.
(1) The affirmative constructive speaker shall present the affirmative’s case, i.e., reasons why Japan should legalize voluntary active euthanasia. (The speaker can present a specific plan that produce advantages over the present policy.)
(2) The negative constructive speaker shall show the negative’s case, including disadvantages that would result from the affirmative plan. The negative must defend the present system, with minor repairs if necessary; it may not propose a “counter-plan.”
(3) The rebuttal speakers shall refute and rebuild the arguments presented in the constructive speeches. Any new major argument may not be presented in rebuttal or summary speeches.
(4) The summary speakers shall summarize the debate and show that their own side’s points are strongerthan those of the other side.
(5) In the cross-examination, after each constructive speech, the other team (any member from the team) may ask questions and any member from the constructive speaker’s team can answer the questions.
(6) Speakers are allowed to read prepared manuscripts and quotations but they are strongly encouraged to maintain “public-speaking” delivery such as eye contact.
5. Awards
Awards will be presented by Japan Debate Association (JDA) Kyushu Chapter.
6. For further information:
Hirofumi KAMADA, Secretary of Japan Debate Association Kyushu Chapter
Phone: 080-5219-0673 / Email: kamada1963@gc4.so-net.ne.jp

2018.03.15 Thu (ご案内)ディベート勉強会

皆様

こんにちは。漸く暖かくなって来ましたね。
さて、次回ディベート勉強会のご案内をさせて頂きます。
初めて、お久しぶりの方も是非ご参加ください!

開催日: 4月1日(日)(Sun. Apr. 1st) 
時間帯: 13時‐18時 (Time: 13:00 to 18:00)
会場: 福岡市国際会館 小会議室 (VENUE: Small Conf. Room, 4 fl. Fukuoka International City Center)
論題: 「日本は積極的安楽死を法的に認めるべきである。是か非か。」(仮)
Resolved: That Japan should legalize active euthanasia and physician assisted suicide. (tentative)
内容: 日本語ディベート & 英語即興ディベート (Japanese-language policy debate &
English-language parliamentary debate)
準備: 論題の賛否論点と立論を考えてくる。
https://legal-dictionary.thefreedictionary.com/active+euthanasia {安楽死定義等}

PS, 会後「お花見」も予定しております。こちらだけでも是非ご参加下さい。

鎌田

2018.02.01 Thu 2月ディベート練習会(Feb. Debate Practice)

こんにちは。FDSの鎌田です。
さて、次回2月のご案内をさせて頂きます。
初めて、お久しぶりの方も是非ご参加ください!

開催日: 2月25日(日)(Sun. Feb. 25h) 
時間帯: 13時‐18時 (Time: 13:00 to 18:00)
会場: 福岡市国際会館 小会議室 (VENUE: Small Conf. Room, 4 fl.
Fukuoka International City Center)
論題: 「日本は海外留学者を大幅に増やすべきである。是か非か。」
Resolved: That Japan should significantly increase the number of
its students who study abroad.
内容: 英語ディベート & 即興ディベート (English-language policy debate
& Japanese-language parliamentary-style-debate)
準備: 論題の賛否論点と立論を考えてくる。

それでは、寒い日が続きますご体調等お気をつけください。

2018.01.07 Sun (案内)新年1月ディベート(Debate Practice)

明けましておめでとうございます。鎌田です。

1月ディベート例会の御案内遅れましたが、下記の通り開催致します。
初めて、お久し振りの方も奮ってのご参加お待ちしております!

開催日:1月28日(日)(Sun. Jan. 28th) 
時間帯: 13時00分-18時00分 (Time: 13:00 to 18:00)
会場:福岡市国際会館OAルーム (VENUE: OA Room, 4 fl. Fukuoka Int. City Center)
論題:「日本は国外への留学者を大幅に増やすべきである。是か非か。」
Resolved: That Japan should significantly increase the number of
its students who study abroad.
準備:論題の賛否論点と立論を考えてくる。

PS.会後新年会を予定しております。是非ご参加下さい。新年会だけの参加も大歓迎です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。