福岡ディベート研究会(FDS)

ホーム > 2007年05月

2007.05.14 Mon ディベート例会報告&次回は7月22日

鎌田です。昨日ディベート勉強会に参加された皆様大変お疲れ様でした。

まず、新命題「赤ちゃんポスト設置」の賛否の論点を全員で共有しました。
肯定:新生児の命の尊重、苦悩の母の救済、助産婦の精神的負担の軽減、
出生の増加、出生の社会への問題提起。
否定:育児放棄の助長、新生児の人権問題、税金の無駄使い、法的混乱、
親権意識の希薄化、家族の絆の形骸化。

次に日本語ディベートを1試合行いました。論点は以下の2点ずつでした。 
肯定 = 1.新生児の命の尊厳 2.悩める母親の救済
否定 = 1.育児放棄の助長  2.新生児の知る権利の喪失

さて、次回は英語で同論題のディベートを以下の通り行います。

日時: 2007年7月22日(日)13:00〜17:00
会場: 福岡学生交流会館4F(地下鉄中州川端駅傍の冷泉公園前)OAルーム
論題:「日本は病院が赤ちゃんポストを設置する権利を認めるべきである」
Japan should grant legal rights to a hospital to set up baby hatches

内容: 当日の参加者による英語ディベート練習試合(日本語も交えて可)
参加; 見学のみの参加も可能です。初めての方も大歓迎です。
連絡: kamada1963@jcom.home.ne.jp 080-5219-0673 (KAMADA)

以上、5月13日ディベート勉強会の報告と次回7月22日例会のご案内まで
スポンサーサイト